豊玉wellness★life

健康についてあれこれ発信していきます!

何とかしたい!!つらい便秘の対策。

 


                    f:id:toyotamaaoc:20190525114036p:plain

 女性だけでなく男性も・・・・        

 

  高齢者や女性の多くの方が便秘で困っているんです。

  ひどい場合は激しい腹痛や嘔吐する場合もあります。

  最近では便秘外来のある病院が増えてきたのも納得です。

  (※厚生労働省の2016年国民生活基礎調査によると、

   便秘の自覚症状のある人は2~5%と言われ、男性が約2.5%、

   女性は約4.6%。若年層では女性に多いが高齢になると男性の便秘も増加する。)

 

 便秘とはどんな状態?

  1.便の回数が少ない(一週間に3回未満)

  2.排便時がつらい症状がある(すっきりでない。

    残便感がある。お腹が張る。など)

f:id:toyotamaaoc:20190525113950p:plain

 ※ 水溶性食物繊維の働きは腸内細菌の改善と便秘予防です。
 
   ・アルギン酸……こんぶ、わかめ

   ・グルコマンナン……こんにゃく精粉

   ・ペクチン……熟した果物

   ・β-グルカン……大麦、オーツ麦

  上手に摂ってお腹の調子を整えましょう!!

 

 f:id:toyotamaaoc:20190525114922p:plain f:id:toyotamaaoc:20190525114948p:plain f:id:toyotamaaoc:20190525114905p:plain

 

 上記の対策をしても効果が低いときには、

    ① ビタミンCのサプリ

    ② DHAEPAなどの魚油

    ③ L-グルタミン  などがオススメです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

O脚からOAへ・・・ならないために!!今日から予防!!

f:id:toyotamaaoc:20190428132346p:plainf:id:toyotamaaoc:20190428132346p:plainf:id:toyotamaaoc:20190428132346p:plain

いよいよゴールデンウィーク

大型連休に突入しました🍃

 

本日は天気も良く皆さんどこかにお出かけするのでしょうか?

どこに行っても混んでいるかもしれませんが、

せっかくのお休みですので楽しくケンカせずにお楽しみください( ^ω^ )

 

本日はO脚についてです。

f:id:toyotamaaoc:20190428132403p:plainf:id:toyotamaaoc:20190428132418p:plain

O脚にお悩みの方は、女性だけでなく男性にも多いですね。

O脚とは、正式には「内反膝(ないはんしつ)」と言います。

足をそろえて立った時に両ひざの間が開いてしまう状態のことです。

O脚に似た症状で、足をそろえて立った時に両ひざはつくが

ひざから下が半円のように広がっているXO脚もあります。

共に悩みは、

「下半身が太く見える、ひざの間が開いてかっこ悪い。」

 女性の場合

 ・上半身よりも下半身が太く見える。

 ・スリムパンツやレギンスだとスタイルが悪く見える。

 ・スカートがはけない。

 ・腰痛がある。

 

 男性の場合

 ・ガニ股でかっこ悪い

 ・スリムパンツだとスタイルが悪くかっこ悪い。

 ・腰痛がある。         etc...

 

そして、このまま年をとっていくと、OA(変形性膝関節症)に

移行していく場合が非常に多いのです。

 

「下半身の筋肉のゆがみ」

O脚の原因には、

普段の生活習慣、姿勢、歩き方が非常に関係しています。

:例えばこんな座り方をしていませんか?

・浅く腰掛け背もたれに寄り掛かる。

・横座り

・足を組んで座る

 

他にも、

・足のサイズにあっていない靴を履いている。

・ヒールやパンプスを履いている。

・運動不足

・体重増加

歩き方や、姿勢、生活習慣が悪いと骨盤や下肢の筋肉に緊張やゆがみが

でてバランスが悪くなります。

O脚を改善するストレッチやトレーニングなど

色々ありますが、

一番大切なのは日々の姿勢と習慣を見直すことです!!

一時のストレッチやトレーニングをしても人間の身体は

すぐに元通りになります。

なぜか?

 

その他の大半の時間でストレッチやトレーニングとは

逆のことをしているから。

なので

本当に改善したいのならば、

まず立ち方を変えましょう!!

いつも、

お腹を引き上げるイメージで背中を伸ばし、

足の先から太ももの付け根までの内側に

力を入れて内側に引き締めるイメージで立ちましょう!!

片足に体重をかけるような立ち方はやめましょう!!

イスに浅く腰掛ける姿勢は構造学的に辛いので足を組みたくなります。

骨盤がゆがみます。悪循環です。

やめましょう!!

後ろから見るとよくわかります。

骨盤の高さが違ってきてしまいます。

まずはこの2点から始めてみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

春のケガ予防!メンテナンス方法☆

f:id:toyotamaaoc:20190417174532p:plain
日にちが経つのは早いもので、

この間入社式や入学式があったと思ったら今日はもう17日ですね。

f:id:toyotamaaoc:20190417095038p:plainf:id:toyotamaaoc:20190417095038p:plainf:id:toyotamaaoc:20190417095038p:plain

今日4月17日は春土用入りの日です。

皆さん夏の土用の丑の日は聞いたことがあると思いますが、

春にも秋にも冬にも、各季節に土用はあります。

立春立夏立秋立冬の前約18日間を土用と言います。

季節が変わるための調整期間のようなもののようです。

 

 土用と名前がついているように、

土に関して重要な決まりごとがある期間です。

土用期間中はやってはいけないこと!

 

「犯土」と言って、土を犯してはいけないんだそうです。

土用の期間は土をつかさどる土公神(どくしん・どこうしん)という神様が、

本宮または土中にいるため土を犯してはならない。

穴掘り、井戸掘り、種まき、土木工事、伐採など一切慎むべき、

とされているのです。

 f:id:toyotamaaoc:20190417095548p:plain

しかし、

春に作業できないのは大変困ります。

なので土用に入る前に着工していれば、

土用中も作業を続けることは差し支えないとされています。

また「土用の間日(まび)」が設けられていて、

土用中でも作業をしても問題がないとされているそうです。

土を掘ってはいけない日があるなんて、

ビックリですね( ゚Д゚)ノ

 

そして春土用は、戌の日に、

「い」から始まるものや白い食べ物を食べると良いそうです。

「いわし、苺、イカ、インゲン豆、芋、大根、しらす

などどうでしょうか( ^ω^ )

(2019年の春土用中の戌の日は、4月19日、5月1日です)

 

 

さて

新年度が始まり多くの学生さんが

張り切って部活を頑張っていることと思います!!

f:id:toyotamaaoc:20190417094709p:plain

しかし、

自分の体力以上の負荷をカラダにかけてしまって

腰や膝、脚などの痛みを訴える方が多くなってきます。

 

痛みがでた時に、しばらく休息がとれれば良いのですが

ほとんどの学生さんは無理をして頑張ってしまいます。

その結果、

痛みの部位はひろがり最終的に長期にわたり

部活を休む事になってしまいます。

f:id:toyotamaaoc:20190417093737j:plain

以前とは違い、

今の指導者の考えはかなり変わってきております。

痛みを訴える生徒を休ませたりするようになってきましたが

生徒の方が「休むとレギュラーを外される」

「休むとレギュラーになれない」などのイメージを持っており、

なかなか指導者に訴えられない場合も多くあるのが現状だと思います。

 

まだ身体がしっかりと出来上がっていない状態での練習量をどうするか?

という問題はなかなか難しい問題なのでここでは省きますが、

少しでも痛み(障害)が起こらないようにする為と

痛み(障害)が起こった時の対処法をお伝えします。

f:id:toyotamaaoc:20190417093750j:plain   

まずは、 

しっかりとメンテナンス!

をする事。

練習とメンテナンスは表裏一体です。

 では、

どんなメンテナンスをすればいいの?

絶対大事!メンテナンス(''◇'')ゞ

 

 

①ウォーミングアップ

 練習前の準備

 オススメはー軽いジョギングをしながら肩回し、足上げなど、

       各競技ごとの動きをゆっくりとやること。

 

②クールダウンーパッシブ・クールダウン(マッサージ、ストレッチ)

        アクティブ・クールダウン(ジョギング、ウォーキング)

 クールダウンに関しては様々な見解があり、

 アクティブクールダウンは効果が無い・・・などありますが、

私が一番オススメしているのはウォーキングです!

 15~30分くらいの間でゆっくり呼吸を整えつつたまに立ち止まり、

 肩回し、足上げ、両手を挙げて伸び、

 頭をリラックスさせるイメージで行ってください。

 

ここが一番重要です!!

③栄養補給

 タンパク質ヘム鉄ビタミンCをしっかり摂る。

 健康な骨や筋肉を作るための必須栄養素です!!

 

④休養

 お湯を張ったお風呂にしっかり入り、しっかりと眠る。

 

それでも痛み(障害)が出てしまった 時の

対処法としては

①アイシング

②安静

 

一日経っても痛みや症状がある場合は医療機関を受診する事。

 

大げさな様ですが、初期が大切です!!

当院では、

治療だけでなく栄養を摂ることの重要性を伝えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春🌷乱れがちな自律神経について

🍂が眼に鮮やかな季節となりました!

今日みたいに天気が良い日はお散歩、気持ち良いですね!

こんな気持ち良い日がずっと続けば良いのですが、

春は気温や気圧の変動が激しいです。

 

いまごろは、

地面の上は太陽の陽ざしのおかげでとても暖かく、

もう薄着になっても良い気になってきますよね。

 

しかし、

 地面の土の下はまだまだ冷たく冷えていて、朝晩はまだまだ冷え込みます。

昼間には多少薄着でもかまいませんが、

朝晩の為に暖かいコートや上着を持ってお出かけくださいね( ^ω^ )

 

春に乱れがちな自律神経の事をわかりやすく、

鍼灸師のふくがお届けしたいと思います。

 

f:id:toyotamaaoc:20190413144403g:plain自律神経って何??

「自律神経」って知ってますか?

言葉はご存知の方が多いかもしれませんね。

 

簡単に説明しますと、

私たちのカラダの神経は中枢神経系と末梢神経系に分類されます。        

f:id:toyotamaaoc:20190413133245j:plain

中枢神経系は神経を統合する司令塔です。

末梢神経系は情報を伝達する電線の役割をしています。

そして、末梢神経系は体性神経と自律神経わかれています。

自律神経は各種の自律機能を支配しています。

 

自律神経の中で、

交感神経は活動に適した状態、

副交感神経は活動に備えた状態を整える働きをしています。

例えば、

活動時には交感神経活動が高まり、血圧は上昇し心機能が亢進し、

消化管の機能は抑制されます。

逆に副交感神経活動が高まると、消化管の働きが活発になり、

食物の消化吸収が亢進し、心臓などの働きは抑制されます。

 

そして、身体の内部環境を安定した状態に保つ働きのことを

ホメオスターシス(恒常性)と呼びます。

ホメオスターシスの維持には特に自律神経の働きが重要です。

例えば、

外の気温が上昇すると発汗し、血管の拡張が起こります。

そのおかげで体温の上昇が防がれます。

例えば、塩辛いもの食べて血液が濃くなると喉が渇き水分を欲したり、

尿の量が減少して体内から水分が失われるのを防ぎ、

血液濃度を一定に保とうとします。

これらは、私たちのカラダの中で自律神経が勝手に働き、

様々な調節を自動的にしてくれているのです。

 

 

交感神経の働き

・眼・唾液腺・心臓・気道・肺・肝臓・脾臓・副腎髄質・胃腸・膵臓

・腎臓・直腸・膀胱・生殖器・汗腺・血管・立毛筋

f:id:toyotamaaoc:20190413133959j:plainf:id:toyotamaaoc:20190413134215j:plainf:id:toyotamaaoc:20190413134619j:plainf:id:toyotamaaoc:20190413134651j:plain f:id:toyotamaaoc:20190413134638j:plain f:id:toyotamaaoc:20190413133903p:plain

 副交感神経の働き

・眼・涙腺・鼻腔腺・唾液腺・心臓・気道・肺

・肝臓・胃腸管・膵臓・直腸・膀胱・生殖器

交感神経と副交感神経の二重支配

・心臓・気道・胃腸・膀胱・膵臓・唾液腺など

 

このように私たちのカラダは自律神経によってたくさんの臓器が支配されていて、

交感神経、副交感神経はいつでも休むことなく、

自発的に活動してバランスをとりながら内臓の働きを調整してくれています。

そして、

自律神経はとてもゆらぎやすく、少しでもバランスが崩れると、

私たちに深刻なダメージを与えます。

 

大切な自律神経のバランスを保ち、

健やかに過ごすために、

気温や気圧の変動から自分のカラダを守る工夫をしましょう!!

タオルやストールを使い首元を冷やさないのもオススメですよ(^^)/

そしてなによりオススメなのは

鍼やお灸です!!

鍼やお灸は自律神経の調整が得意です( ^ω^ )

ぜひ当院でお試しください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       
 
 
                   

あ~やっちゃった!寝違えヽ( ̄д ̄;)ノ

昨日の天気がウソのように、本日は良い天気ですね

本日もマンボーがお送りいたします!!

新入社員のみなさん!

会社が始まったばかりで、毎日緊張の連続だと思います。

おつかれさまです!!

そのうえ、こう毎日気温の変動が激しいと寝違えをおこしやすくなります。

 

    f:id:toyotamaaoc:20190411153704p:plain

なので、

前回のぎっくり腰に続き今回は寝違えです。

 

細かい事は他のネット情報にお任せしますが、

ざっくりとギックリ腰の首バージョンと思ってください。

 

さて

「先生、寝違えちゃったみたい・・・」

「先生、昨日ソファで寝ころがりながらテレビを見ていたら、

そのまま寝ちゃって、朝起きたら寝違えちゃったみたいで

首が痛くて動かせないんですけど・・・」

「たまたま後ろを振り向こうとしたら急に痛くなって、寝違えちゃったみたいなんですけど・・・」

などなど。

ほとんどの方が今までに何回かは寝違えた経験をしているんでしょうね!!自分で診断してくれます(笑)

しかもほぼその通りです。(たまに例外もありますが☺)

 

ここからが大切です(^O^)/

メモって下さい!!

ぎっくり腰と同じで、

寝違えも季節の変わり目に多くなってきます。

寝違えの場合は冷房を使い始める6月頃も多くなります。

首もとが冷やされるからだと思われます。

 

そこで、

予防として

①冷房がついている部屋や電車などでは首もとを冷やさないように、

 タオルやスカーフなどを巻く。

 

②夏、熱くなってくるとお風呂はシャワーだけで済ませてしまいがちですが、

 エアコンや汗などでカラダは冷えています。

 一日の終わりにお風呂に入って温まりましょう。

 (お風呂に浸かる余裕がなければ、座ってカラダを洗っている間だけでも、

  風呂桶に熱めのお湯を入れ足首まで入れて温める。足湯も良いです。)

 

       f:id:toyotamaaoc:20190411153715p:plain

 

③それでも寝違えてしまった時には・・・

 「アイシング」ですよね!!という声が聞こえてきそうですが

 チョット待ったーーー!!

 ねるとん紅くじら団風です。)

 腰ではアイシングを推奨していましたが、

 首の場合には冷やすと調子が悪くなる人が意外と多いので、

 私はオススメ致しません。

 冷シップで良いと思います。f:id:toyotamaaoc:20190411155221p:plain

 (体力があって熱感が強い方はアイシングOKです!)

 1~2日経って症状がやわらいできたらお風呂で温まってください。

 両手で首を支えてゆっくり動かすのもOK!

 

④症状が軽く、すぐとれるようでしたら以上で問題ありませんが、

 完全に症状が取れない場合は再受傷する可能性が高くなります。

そんな場合は当院におまかせください!!  

  グラッチェ( ^ω^ )

      グラッチェ( ^ω^ )

 

 

 

今できる。自分でできる。ぎっくり腰の対処法!!

 本日から新学期新学年が始まりました!

おめでとうございます!!

生憎の天気ですが、桜が間に合った学校もあるのではないでしょうか🌸

この季節になると、とにかく桜🌸が沢山見たくて、、、

僕もやっぱり日本人だな~と思います。

 

昨日まで暖かかったのに本日は一転して肌寒いですね。

こんな時に起きやすいのが、ぎっくり腰や寝違いです。

本日はその中で、ぎっくり腰を取り上げてみたいと思います。

本日もマンボーがお届けいたします。

 

 

一年を通じてぎっくり腰(急性腰痛)の患者様は来院されますが、

3月~4月、6月~7月、9月~10月頃が特に増えてきます。

 

なぜか?

もうすぐにお分かりだとは思いますが、

 

「そ~なんですよカワサキさん!」

 

「ちょっと待ってください。ヤマモトさん。」ザ・ぼんちより引用

 ※若い人はわからないですかね・・・(笑)

 

ながくなりましたが、

答えは「季節の変わり目」なんです。

 

その訳は、

身体は絶えず自律神経によって身体内部の環境のバランスを保っています。(このこと

ホメオスターシスと言います。)

しかし、気温の変動が大きくなって、暖かくなったり寒くなったりすると一時的に自律

神経のバランスが崩れてしまうことで身体が冷えやすくなります。

冷え 筋肉や関節も硬くなってしまい、ふとした事でぎっくり腰になってしまうと思

われます。

患者様にお話を伺うと、重いものを持ったり、激しい運動をして受傷するよりも何気な

い動作でぎっくり腰が発生する方が非常に多いです。

問診時に、最初は特に何かした覚えはなく、腰も痛くなかったと言われるのですが、

「そう言えば2~3日前から腰が重かったような気がした。」と言われる方が結構い

らっしゃいます。

「・・・ような気がした。」

ここからがすごく大切です!メモって下さい!!

カラダはしっかりと教えてくれていたんです。

地震の前兆現象は賛否両論ありますが、

ぎっくり腰の前兆はたしかにあると思います。(実際に統計はとっていないので何%とは

言えませんが・・・)

腰が重い感じがする。違和感を感じる。など普段と違う感じがしたらー

①休息する

②温める《濡らしたタオルを絞って皿にのせ、1分間レンジ(500~600W)で温めて下さ

 い。そのタオルを2枚作り、冷めるまで腰に当てる(2回ぐらい)》

 ※やけどしないように気をつけて下さい。

③暴飲暴食をしない

カラダのメンテナンスをする=マッサージ、ストレッチetc

                                      ⇩  

リラックスさせることが大事!!

このポーズで寝てみるのも効果的です。

右向き、左向き、どちら側か自分の楽な方で寝てみて下さい。

背中~腰の筋肉が緩みます。

 

f:id:toyotamaaoc:20190408164326j:plainf:id:toyotamaaoc:20190408164558j:plain

 ※運動などもリラックス効果はあると思いますが、

疲労してしまうと負担になるのでオススメできません。

それでも

『 あーぎっくり腰になっちゃったー 』

時には、

まず前回の当ブログのアイシングを実践してみて下さい。(1日、2日)

少し痛みが落ち着いてきたら温めて下さい。

この時、動けないようであれば治療することも重要です。

回復時間が短縮できるとおもいます。 

※当院では懇切丁寧に治療してますので是非お試しください!

 

さて、

ぎっくり腰で痛みのため動けなくなってくると、どんどん不安になります。

よけいな事を考えだします。

無理もないと思います。(なぜなら、痛みがなかなかとれないから。)

私は患者様にささやきます。

「 あなたのカラダが少しゆっくりしなさい 」

「 あんまり頑張りすぎるなよ! 」

と言ってるんですよ!! と。

 

今まで何人ものぎっくり腰の患者様を治療してきました。

程度の差はありますが、特に別の問題がなければ、

みなさん回復して日常生活に復帰されています。

 

なので、

自分のカラダに、

「 教えてくれてありがとう!! 」という気持ちを忘れずに!!

ゆったりしてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケガをした時どうする?すぐに自分でできる対処法!!アイシング

桜の花も満開ですね🌸

4月に入りだいぶ温かくなったので外でのスポーツも楽しいですね。

本日はマンボーがお届けいたします。

 

日常生活やスポーツをしていて、

ちょっとぶつけたり、ひねったりしていまうことは結構ありますよね。

そんな時は、まず冷やすことが大切です

冷やすことをアイシングと言います。

 

 アイシング 

一般的にアイシング(冷やす)ことはかなり浸透しています。

しかし・・・・

ある患者様は受傷後お風呂でしっかり温めてマッサージをしたそうです。

その後シップを貼って様子をみていましたが痛みが強くなり来院されました。

詳しくお話を聞いたところ、

スポーツジムでトレーニング中に痛めてしまい、周りの友人達に「お風呂であたためて

マッサージをした方が良いよ。」と助言を受けてその通りにしたそうです。

 

確かに昔は温めていた時代がありました。

マンボーがまだ若いころ、ぎっくり腰や寝違えなどの急性症状では腰や首をあたためる

ことを治療としてやっているのを実際に見てきました。

予後もそんなに悪くなかった気がします。

元々は冷えでカラダが硬くなって痛くなったんだから温めるべき。そんな意味合いでの

処置だと思います。

そのころに治療を受けたことがある方は、「温める」のが大切だと思っているかもしれません。

医療や化学は新事実や新しい論文が出てくれば、今までの常識が180度変わってしまいます。

もしかしたら、10年後には「やはり温めた方が良い」と言うエビデンス(臨床的、科学

的根拠)が出てきて常識が変わるかもしれません(笑)。

 

現在では、外傷により損傷を受けた場合 R I C E(ライス)処置が大切というのが定説

です。

   ・R=Rest(安静)

   ・I=Ice(冷却)

   ・C=Compression(圧迫)

   ・E=Elevation(挙上)

を総称して R I C E と言います。

今回の患者様は、お風呂で温まり、マッサージをしてしまったとの事でしたので、

Rest(安静)、Ice(冷却)の意義をしっかりお伝えしました。

 

 アイシングの方法 】

①温度・・・ビニール袋(氷嚢 or アイシングバッグがあると便利)に氷と水を入れる。

      冷却温度が0℃以下だと凍傷になる恐れがあります。

      必ず水も入れて氷を溶かす状態で使用する。

      アイシングバッグの場合は直接でも良いが、タオルなどに包んで患部にあ

      てる。

②時間・・・15分~20分程度

      強い冷感 ⇒ 灼熱感 ⇒ 疼痛 ⇒ 感覚消失の順で感じて、

      感覚が消失するまでに約15~20分かかると言われています。

      感覚がなくなったらアイシングを終了する。

③インターバル・・・急性外傷の場合、15~20分のアイシングを間隔を空けて24時間~

      72時間維持する。(損傷の程度に応じて行うが、当院では2、3時間空けて     

      いただいています。)

※寒冷アレルギーの方は行わないでください!(蕁麻疹が出る)

※保冷剤はなるべく避けた方が良いです。(凍傷になりやすいため)

 どうしても保冷剤しかなかった場合はタオルなどに包んで直接皮膚にあたらないよう

 に使用してください。

※アイシング時には Elevation(挙上)を忘れずに。 

 

f:id:toyotamaaoc:20190406111601p:plainf:id:toyotamaaoc:20190406111740j:plain 絵はへたくそです。